バストが小さくなる理由

HOME>豊胸バストアップ情報館>バストが小さくなる理由

バストが小さくなる理由

バストの大きさが人によって違うのは、遺伝要素もありますが、以下の原因も考えられます。

生活要因による影響

思春期から成人期にかけて激しいスポーツや過剰なストレスによって、女性ホルモンのバランスが乱れたり 分泌量が不足すると乳腺の発達が妨げられバストに脂肪が付かず、バストが発育しなくなります。

極端なダイエットによる影響

ダイエットで一緒に胸まで小さくなるのは、脂肪が減るのでごく自然なことなのですが、それが極端なダイエット になると恐ろしいことを引き起こす可能性があります。どういうことかと言うと、 極端なダイエットをすると脳のホルモン中枢にダメージが加わり、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌の 指令を出せなくなってしまう場合があるのです。と言うことは、ただでさえ脂肪が減るのに、その上、女性ホルモン の低下による影響が加わり、バストがより小さくなってしまう可能性があると言うことです。極端なダイエットは バストアップどころか、健康上良くないので避けた方が良いでしょう。

背景